副作用は?

効果にも、副作用にも、ともに個人差があります。

治療初期には、主な副作用は、胃腸障害のみです。吐き気が主体ですが、これは胃の「蠕動運動」を抑えることによる、効き過ぎによる現象です。
最も大変な胃腸障害も治療を継続していくと慣れが起こり自然に消失します。

 

下痢、便秘も起こることがあります。ただし便秘は食事をとらないために、便の量が減ってしまうので起こる現象です。これも効き過ぎにする現象と言えます。