(漫画で徹底解説)GLP-1.diet 


どちらを選ぶにしても、症例数が多いクリニックを選ぶのは当然ですが、嘘の記載があるクリニックを選ぶのは避けましょう。
 

症例数

HDC Atlas Clinic  

外来通院患者 毎月1300名(カルテ実績)

人間ドックカルテ 20000人以上(自由診療実績)


出身医科大学 

慶応大学医学部 

 

医学博士取得の有無 

医学博士、糖尿病専門医、米国糖尿病学会会員、欧州糖尿病学会会員

医師の経歴

元日本医科大学客員教授

登録相談サイト(GLP1.clinic)をご用意しています。

ご不明な点はフリーダイヤル!

分からないことがございましたらメールやお電話などでご説明させていただきます。

ご登録相談サイトhttps://www.glp1.clinic/もご用意しております。

オンライン診療のやり方などを紹介していますので、事前にご覧ください。

フリーダイヤル
まで

*花粉症キャンペーンのためただいま電話が混みあっております。

 そのためキャンペーン期間中の午後の電話対応時間を16:30までとさせていただきます。

*オンライン診療アプリ「クリニクス」に関するご相談は以下へお電話下さい。

フリーダイヤル 0120-13-1540 月~金曜日 午前10時~午後7時(土日祝日を除く)
無料カウンセリングフォーム
よくある質問(FAQ) 
Qをクリックしますと漫画が表示されます。文章を読むより簡単で理解しやすいように解説いたします。
以下の文章に出てくる、糖尿病治療用GLP1製剤とは「ビクトーザ」、抗肥満治療用高用量GLP1製剤とは「サクセンダ」のことです。
 

GLP1について

 

効果やエビデンス

 

副作用

​糖尿病がある場合

 

​肥満の判定

 

​肥満との関連性

 

女性の肥満

​肥満治療

​投与量の調節

 

注射の手技

<注意>

糖尿病治療用GLP1製剤の場合には、1日1回投与が原則ですが、できれば、食事を沢山、食べる30分前から15分前に注射したほうが、食欲中枢を抑制しやすい、ようです。これに対して、私たちが提供する抗肥満治療用高用量GLP1製剤は、1日、どの時間帯で注射しても大丈夫です。

<注意2>

​たった1回だけ抗肥満治療用高用量GLP1製剤による高用量GLP1ダイエットを投与しただけで、効かないと思わないでください。連日投薬することで、食欲中枢が刺激され、1週間を目安にプラトー(最高の安定期)になるので、その段階で、増量をしていきます。1日量3mgまで投与するという原則で、体重100kgの欧米人のデータで、9割以上の確率で、確実に減量ができることがしられています。体重100kgにもみたない日本人であれば、より少ない量で、より高確率での体重減少が得られることは、容易に推測できます。

栄養指導

 

診療の流れ

 

​開設のきっかけ

どの医師からならったか

交通アクセス

東京メトロ 半蔵門線​   半蔵門駅5番出口より徒歩3分

住所:

〒102-0082 東京都千代田区一番町5-3-9  アトラスビル1階 HDCアトラスクリニック


TEL: 03-3234-6060  FAX: 03-5275-2985

注意事項!


東京メトロ半蔵門線: 半蔵門駅 5番出口  徒歩3分 (5番出口です!)

 

(注意:半蔵門駅を降りる時、出口は、必ず5番出口を、ご利用ください。出口を出てから、英国大使館、千鳥ヶ淵、方面へ歩きます。