Q:GLP1の注射を用いた薬物治療の立ち位置は?
A:エネルギー摂取が自分で制御できない場合には、ガイドラインでは、薬物治療を薦めます。ただし、それもあくまで薬物動態を熟知した糖尿病専門医師による指導をお薦めしています。GLP1受容体作動薬は、もともと糖尿病の治療薬ですから、本来であれば、糖尿病専門医のもとで、かつ、GLP1受容体作動薬のことを、よく熟知している医師のもとで指導が行われるべきです。