Q:GLP1タキフィラキシーとは、なんのことですか?
A:糖尿病治療用GLP1製剤の場合、タキフィラキシーが起こってくるので、同じ投与量でも、しだいに悪心などの症状は消えていきます。このように、薬剤の、特に糖尿病治療用GLP1製剤の場合には、その副作用などが、時間と供に軽減してくる現象を「タキフィラキシー」と、呼びます。糖尿病治療用GLP1製剤はもともと、他のGLP1受容体作動薬より、タキフィラキシーが多い、という認識でもって市場に発売された薬剤なので、安全、安心な薬剤と言えるのです。