Q:広告費をカットした分、どこに回しているのですか?
A:広告費をカットして、治療費を安価にするほうに、費用を回しています。ですから、サイエンスレベルが最高でありながら、月8万円という日本で最低の金額(ランニングコスト)と設定し、最もコスパがよく、効率的にコストカットできているのです。こうした試行錯誤をしつつ、工夫をしているから、ハイレベルでありつつ、最もコスパが高い医療サービスができています。