Q:食事療法に対する基本は、どの医師から学んだのでしょうか?

A:3人の著名な権威高き恩師がいます。

1)堀内光先生 

(元、済生会中央病院、院長:糖尿病食品交換表の礎を築いて後輩へ伝授)

2)松岡建平先生 

(元、済生会中央病院、副院長:外食コントロールブック、監修)

3)平田幸正先生 

(元、東京女子医科大学、糖尿病センター、センター長、教授)

堀内先生からは、食事療法に制限があってはならない、自由であるべきことの哲学を、

​平田先生からは、食品交換表のあり方に変化があっても良い事の哲学を教わりました。

どの先生がたも、本当に患者さんの視点にたった医療システムを構築した、偉大な先輩医師たちです。

​私のGLP1ダイエットも、こうした先生がたの、哲学を踏襲し、受診者目線で、展開していきたいと考えます。