Q:胆嚢炎の可能性は、どのくらいの頻度ですか?
A:抗肥満治療用高用量GLP1製剤によるGLP1ダイエット治療では、0.8%です。これに対して、プラセボ群では、0.4%です。差は0.4%ということになります。