Q:従来のGLP1治療で、日本人用量の糖尿病治療用GLP1製剤だけでは、糖尿病患者で体重が増えなかった、減らなかったのは、なぜだったのでしょう?
A:糖尿病では血糖が下がると体重が増える傾向になります。糖尿病治療用GLP1製剤の食欲抑制効果で体重は減る傾向になります。ですから、糖尿病がある状態では、最終的には、それらの効果が相殺されて、プラスマイナスゼロという結果になったのではないかと推察しています。2019年5月以降は、1日1.8mgまで増量できるようになるので、その場合には、より減量効果が期待できます。