Q:ストレスと肥満の関連はありますか?
A:ストレスの指標の可能性がある、起床後1時間の唾液中コルチゾール濃度が高い肥満者ほど、体重減少しにくく、女性は男性に対し、慢性ストレス下で過食に陥りやすいという結果もあります。