Q:肥満症治療における行動療法にはどんなものがありますか?
A:体重測定を習慣化させ、食事内容についての自己記録しグラフ化体重日記をつけ、生活習慣や食行動を修正していく方法。ストレスなどへの問題点への対処、過食を誘発する刺激の回避ができるように適正行動の実施につなげていく方法。「30回咀嚼法」食事の際に一度飲み込んだものは、30回咀嚼してから飲み込む方法があります。